iPhoneのカメラで逆光補正   2010 年 10 月 11 日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

スポンサード リンク

iPhoneのカメラ機能は、ほぼ何も設定できることがない。
ズームとフォーカス(ピント)くらいか?

本当は露出補正位欲しいところだけど、
そんな気の利いたものはない。

でも、逆光だと、どうしても補正したくなることがある。

これ、実は簡単で、
補正したい(明るくしたい)対象にフォーカスを合わせてやればよい。
具体的には、逆光補正したいところを画面上でタップするだけ。

以下の二枚の写真、
上のは単にカメラを向けて撮影したもの。
空の明るさに引っ張られて手前はほとんど真っ暗。

下の写真は、右下の方にある、
道路標識の部分をタップしてから撮影。
手前の物の明るさを基準に露出が決定され、
よく見えるようになった。
もちろん、その反面、空は白飛びしてるけど。