iPhoneでPalmを思い出す   2010 年 5 月 3 日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

スポンサード リンク

昔々、その昔、2000年頃だったかなぁ?
Palmが一世を風靡していた。
PDA (Personal Digital Assistants) と呼ばれていた。
持ち運びできる電子秘書?電子手帳とはちと違う。

最初に手に入れたのは、WorkPad
これは、PalmをIBMが自社ブランドで出していたもの。
OEMってやつか。

メモリを交換して容量を増やしたりもしたっけな。
そうだ、そのためにガス式の半田ごても買ったんだった。

これを手にした当初に思ったのは、
「あ、これ、Macだ」ってこと。

詳しいヤツにそれを言ったら、
「Appleをスピンアウトした人々が作った会社だから」
って答えが返ってきた。なるほどと思ったものである。

これには相当はまった。

その後もWorkPadの後継機に乗り換え、
さらに、CLIEに乗り換えた。
CLIEってのは、SONYが出してたPalm機。
カラーで画面の解像度も高く動作も早く快適であった。

しかし、その後、ブームが下火になり、
SONYも手を引き、結局、使わなくなってしまった。

その背景には、携帯電話の大きな普及がある。
電話にならないPalmは居場所がなくなった。
無線LANにもつながらないし。


で、今回iPhoneを手にして、
「Palmみたい」とかつてを思い出している。

慣れるまではちょっと、ほんのちょっと壁があるが、
それを超えればムチャクチャ便利、という点がPalmと共通している。

しかも、こいつは、Wi-Fiや3G回線でインターネットにつながる。
これは素晴らしい!

いやー、またしばらくはハマリそうである。



スポンサード リンク


タグ: , , ,
この投稿は 2010 年 5 月 3 日 月曜日 01:04 に 雑記 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ


[PR] ベジーデル 夢見る力 花粉症対策