iOS4のマルチタスクの仕様を変えたい   2010 年 7 月 22 日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

スポンサード リンク

iOS4になって、マルチタスクに対応した。

新たにアプリケーションを起動すると、
それまで動かしていたものは自動的にバックグラウンドに送り込まれる。
マルチタスクとして動かしたいか否かという希望とは関係なく。

そうすると、裏で動いているアプリケーションがどんどん増える。

増えるだけならいいが、その分、消費電力が上がっている模様。
つまり、電池が早くなくなってしまう。

こいつはやっぱ嬉しくない仕様。

起動中のアプリバックグラウンドに放り込むのか、
そのまま終了させるのか、選択できるようにして欲しい。

もちろん、バックグラウンドに入っているアプリケーションを
終了させる手段はあるが、画面の長タップが必要だし、
選択画面の終了のアクションも必要で面倒。
終了させたいものを横一列で探さなきゃいけなので、それも大変。


バックグラウンドで動かしておきたいものと、
そのまま終了させたいものって、大体決まっているので、
アプリごとに終了の方法をどうするかデフォルトの挙動を
設定できるようにしたらいいんではないかと思ったり。

たとえば、「設定」とか「連絡先」なんて
バックグラウンドで動かしておく必要はないので。


まぁ、マルチタスク機能はサポートされたばかりだから、
今後の改善に期待したい。



スポンサード リンク


タグ: ,
この投稿は 2010 年 7 月 22 日 木曜日 22:30 に iPhone OS, iPhone本体 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバックはありません

コメントをどうぞ


[PR] ベジーデル 夢見る力 花粉症対策